Exchange 学習帳

ExchangeやOffice 365の備忘録です。

写真のダウンロード

今回は、Exchangeと同時に使われることも多い、Skype for Businessも話に絡めます。

オンプレミス/Online問わず、ExchangeやSkype for Businessを利用している環境では、
ユーザーが自身の写真を設定して、OutlookやOWAやSkype for Businessで表示することができます。

この写真は、用意した画像ファイルをアップロードするわけですが、
元の画像ファイルを消してしまったときなどに、アップロードした写真をダウンロードする方法を調べたのでまとめておきます。


①OWAからドラッグ&ドロップ
この方法は、オンプレミスのExchangeで実行できます。
1.OWAにサインイン
2.写真の設定画面を開く
3.表示された写真をデスクトップにドラッグ&ドロップする


②URLを使用する
この方法は、オンプレミスのExchangeで実行できます。
以下のURLにブラウザでアクセス
https://の仮想ディレクトリ>/ews/Exchange.asmx/s/GetUserPhoto?email=<メールアドレス>&size=HR648x648

<EWSの仮想ディレクトリ>に入力する文字列は組織によって異なります。
<メールアドレス>を変更すると、組織内のどのユーザーの写真でも表示することができます。


③Skype for Businessクライアントのキャッシュファイル
1.エクスプローラーで、Skype for Businessのキャッシュファイルが保存されているフォルダーを開く
#Skype for Business 2015(Lync 2013)の場合
C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Microsoft\Office\15.0\Lync\sip_<SIPアドレス>
2.[Photo]フォルダーを開く
3.対象ユーザーのSIPアドレスがファイル名のCACHEファイルを任意の別のフォルダーにコピーする
4.コピーしたCACHEファイルの拡張子をPNGまたはJPGに変更する


④Skype for Business Web App(Lync Web App)を使用する
1.Skype for Business Web AppでSkype会議に参加する
2.表示される参加者の写真を右クリックして[名前をつけて保存]をクリック