Exchange 学習帳

ExchangeやOffice 365の備忘録です。

メッセージ追跡ログまとめ

こんにちは!

今回はExchangeのメールトラブル対応に欠かせない、メッセージ追跡ログ(MessageTrackingLog)に関する情報をまとめます。


まず、メッセージ追跡ログ全般について理解するにはこちら。
EventIDと、そのイベントの内容がまとまっているので、トラブルの度に一度は開いてます。
メッセージ追跡:
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb124375(v=exchg.150).aspx


メールフローと、それに対応して記録されるメッセージ追跡ログをまとめた図を作成しました。

f:id:tkd-o365:20160628152223p:plain

ソースはサポートチームのブログです。
Exchange 2013でメッセージを追跡する:
https://blogs.technet.microsoft.com/exchangeteamjp/2015/03/16/exchange-2013-13/

この図は、メールが正しく配送されないというトラブル以外にも、
メールは正しく配送されるがメッセージ追跡ログが残っていない、というトラブルにも有用です。

メッセージ追跡ログが残っていないトラブルについては、別の機会にまとめようと思います。


メッセージ追跡ログをCSVファイルに出力する方法についてはこちら。
メッセージ追跡ログを CSV ファイルに出力する方法:
https://blogs.technet.microsoft.com/exchangeteamjp/2015/11/17/csv/

メッセージ追跡ログはExchange管理センター(EAC)からでも参照できますが、
トラブルシュートにはやはりPowerShellで取得するのが望ましいでしょう。
情報量が断然違います。


とりあえず、これらの情報があればメール配信に関するトラブルの糸口は掴めるのではないでしょうか。

それでは今回はこの辺りで。

皆様が遭遇したトラブルなど、コメントいただけると勉強になります。