読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Exchange 学習帳

ExchangeやOffice 365の備忘録です。

Outlook 2013のアドレス帳の検索結果が異なる

「Exchange学習帳」と題しておきながら、近頃クライアント寄りの学習が多く、初投稿がOutlookについての記事になってしまいました。

 
さて、第1回目のテーマはOutlookのアドレス帳についてです。
Outlookでメールの宛先を指定するときは、名前やフリガナで検索をかけて選択するのがほとんどだと思います。
 
しかし、同じExchange組織、[グローバルアドレス一覧]を選択している、検索するワードも同じ、検索対象も[その他のフィールド]になっている、、、にも関わらず検索結果が異なって表示される場合があります。
 
これは、検索結果のソート(並び替え)方法の違いが原因となっている場合があります。
Outlookでは、
 
 ・OAB(オフラインアドレス帳)を参照→[フリガナ]でソート
 ・GAL(グローバルアドレス帳)を参照→[名前]でソート
 
というルールでソートされるのが仕様上の動作となります。
(Outlook 2010でも同様の仕様を確認しています)
 
Outlookのモードの違いや(キャッシュモードorオンラインモード)、
Outlook利用開始直後でOABが生成されていない、など、
ユーザーによって参照先が異なる場合に、検索条件は同じでも結果が異なって見えます。
 
特に[名前]でソートしている場合は、登録されている[表示名]によっては
全く意図しない結果となってしまうことがあるので注意が必要です。
 
なお、現在選択している[アドレス帳]がOABとGALのどちらを参照しているかは、
検索画面で[アドレス帳]プルダウンメニューの中を右クリック-[プロパティ]で確認できます。
[現在のサーバー]にローカルの保存先が表示されている場合はOAB、サーバー名が表示されている場合はGALを参照しています。
 
これからも今回のような、細かいけど気になることをまとめていきますので、ご参考になればと思います。